当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

東北大学 産学連携先端材料研究開発センター (MaSC)

プロジェクト

Projects

プロジェクト

金属積層造形技術の基盤技術開発

代表者氏名・所属部局(機関)名・職名

千葉 晶彦 金属材料研究所 教授

研究の概要

本プロジェクトでは、指向性エネルギーの堆積法による金属積層造形技術に関する研究開発を実施する。また、コールドスプレー方式の金属積層造形技術による合金部品造形に関する基礎研究を行う。

研究の目的

金属3Dプリンタの中でも大型部品に適用可能な指向性エネルギー堆積方式と、コールドスプレー方式の2種類の方式における組織形成機構などの冶金学の学理を構築し、これらの技術を用いて新材料開発を行うための基盤技術を確立することを目的とする。

期待される効果

小型部品の高精度造形を得意とする粉末床溶融結合方式とは異なり、指向性エネルギー堆積方式とコールドスプレー方式は大型部品に適用可能であるため、これら2種類の方式の冶金学の学理を構築することで、種々の材料への適用が可能になり、金属積層造形技術を用いた新材料開発が期待される。

キーワード

金属積層造形、指向性エネルギー堆積方式、コールドスプレー方式、シミュレーション

該当するSDGsへの取り組み

  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

連絡先

TEL:022-215-2115
E-mail address: a.chiba*imr.tohoku.ac.jp
*を@に変換してください。
HP URL: http://www.chibalab.imr.tohoku.ac.jp/

pagetop