当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

東北大学 産学連携先端材料研究開発センター (MaSC)

センター概要

Message

センター長ご挨拶

未来の社会を支える
新しい材料・デバイスを

センター長 古原 忠 Tadashi FURUHARA

古原 忠
 東北大学産学連携先端材料研究開発センターは、東北大学と産業界が連携して、これからの社会を支える新しい材料を研究開発し、社会実装することを目指して、経済産業省の平成23年度施設整備費補助金を活用し金属材料研究所、多元物質科学研究所、流体科学研究所、及び本部事務機構の連携により平成26年1月に発足いたしました。
 その後、平成30年度より電気通信研究所が運営に参画し、研究開発の対象が材料とその応用デバイスまで拡張され、片平地区の産学共創拠点として今日に至っております。

 東北大学は、物質材料研究において世界トップクラスの実績と伝統を誇り、特に片平キャンパスには、材料系、デバイス系の優れた研究機関が集積しております。この力を結集して、産業界からの様々な要求に応え、共に問題解決に取り組むセンターという意味で、英語名をMaterial Solutions Center(MaSC)といたしました。

 当センターは、研究スペースと共用設備の使用料で経費をまかなう独立採算で運営され、安全衛生とセキュリティも安定に維持されております。

 当センターの研究領域は、(1)社会基盤材料(2)エレクトロニクス材料(3)エネルギー材料の3つの分野からなり、個々の研究課題は、公募の後、企画および運営委員会での審議を経て決定されます。

 開設7年目を迎えた昨年度は、新型コロナウイルス感染症に対する予防措置をとりながらの活動を余儀なくされ、従来四半期毎に対面で実施しておりました技術交流会や、アソシエイト・メンバーシップ活動をオンラインでの実施に切り替えて継続し、8月にはソフトマテリアルの高度な可視化を実現するための新たな取組みとして「ソフトマテリアル研究拠点」を立ち上げました。

 今年度は、ウィズ・コロナの活動環境が続く見通しの中、オンラインでの諸活動を活発に行い、東北地域の産業復興と日本の国際競争力強化に大きく貢献する事を目指して活動してまいりますので、どうぞよろしく御支援をお願いいたします。

pagetop