共用機器のご案内|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。

  • HOME
  • 共用機器一覧
  • 組成分析システム アルバックファイ製 多機能走査型X線電子分光分析装置(PHI5000 VersaProbe II)

共用機器のご案内

D 組成分析システム アルバックファイ製 多機能走査型X線電子分光分析装置(PHI5000 VersaProbe II)
  組成分析システム アルバックファイ製 多機能走査型X線電子分光分析装置(PHI5000VersaProbeII) 組成分析システム アルバックファイ製 多機能走査型X線電子分光分析装置(PHI5000VersaProbeII) 組成分析システム アルバックファイ製 多機能走査型X線電子分光分析装置(PHI5000VersaProbeII)

 

  PHI5000 VersaProbe II
用途
表面深さ~10nmから放出される光電子スペクトルを測定し、表面の組成ならびに化学結合状態を解析する。
装置概要
走査型マイクロフォーカスX線源で微小領域からの高感度な光電子スペクトルの分析が可能、絶縁物質試料は帯電中和して測定可能、右上図のトランスファーベッセルは、グローブボックスで作成した試料を大気非曝露で装置に導入可能。
  • フロアマップ
  • 共用機器
  • プロジェクト