プロジェクトのご紹介|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。

  • HOME
  • プロジェクトのご紹介

プロジェクトのご紹介


17東北放射光施設推進会議
 技術の進歩により世界は今、放射光を産業技術開発に積極的に活用する国際競争時代に突入しつつあり、世界各地でそのための放射光施設の建設が進められています。この先端分野での国際競争の激化を受けて、東北国立7大学(秋田大、岩手大、東北大、弘前大、福島大、宮城教育大、山形大)では、最先端イノベーション戦略ツールとしての放射光施設の設立、および、産業界と学術界の新しい形の連合による世界最先端の開発研究環境を日本国内で実現すべく「東北放射光施設推進会議」を設置して活動しています。
  • エネルギー材料
  • エレクトロニクス材料
  • 社会基盤材料
プロジェクトリーダー
伊藤 貞嘉
東北大学 理事(研究担当)
東北大学東北放射光施設推進会議 委員長

連絡先
担当者e-mail:takatama*tagen.tohoku.ac.jp
*を@に変換してください。(総長特別補佐 高田昌樹)
TEL:022-217-5820
伊藤 貞嘉
  • フロアマップ
  • 共用機器
  • プロジェクト