プロジェクトのご紹介|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。

  • HOME
  • プロジェクトのご紹介

プロジェクトのご紹介


13日仏ジョイントラボラトリー
 2008年に開設された東北大学とCNRS、リヨン大学、国立応用科学院リヨン校間のELyTラボにおいては、多くの課題で共同研究を推進してきました。ELyTMaXは日仏15名程の研究員で構成されるリサーチユニットです。2016年1月にCNRS、リヨン大学、東北大学のUMI(国際混成研究所)の枠組みを用いて日仏ジョイントラボラトリーELyTMaXラボが、高等研究機構国際ジョイントラボセンターに設置されました。今後、本事業を活用して日仏の国際共同研究をさらに加速させます。
  • エネルギー材料
  • エレクトロニクス材料
  • 社会基盤材料
プロジェクトリーダー
伊藤 貞嘉
東北大学 理事(研究担当)
高等研究機構長

連絡先
高等研究機構国際推進係(IAC)
URL:http://www.elyt-lab.com/ (ELyTラボ)  
Mail:iac*grp.tohoku.ac.jp
*を@に変換してください。
TEL / Fax:022-217-6544/6297 
伊藤 貞嘉
  • フロアマップ
  • 共用機器
  • プロジェクト