プロジェクトのご紹介|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。

  • HOME
  • プロジェクトのご紹介

プロジェクトのご紹介


1量子ドットアレイおよびナノエネルギーディバイス製造プロセスの研究
 経済産業省産学連携イノベーション促進事業の支援で設立した最先端電池基盤技術コンソーシアムにおける産官学の共同研究により、量子ドットによるバンドギャップエンジリアリングと革新的な光や熱マネージメントを融合した超高効率量子ドットエネルギーデバイスを、戦略的基盤技術高度化支援事業で開発を進めている実用的で高精度な製造装置およびプロセスを用いて量産化を実現します。
  • エネルギー材料
プロジェクトリーダー
寒川 誠二
流体科学研究所・未到エネルギー研究センター長、 グリーンナノテクノロジー研究分野・教授/材料科学高等研究所・主任研究者/産学連携先端材料研究開発センター副センター長/産学連携イノベーション促進事業「最先端電池基盤技術コンソーシアム」運営代表/産業技術総合研究所クロスアポイントフェロー

連絡先
URL:http://www.ifs.tohoku.ac.jp/samukawa/
Mail:samukawa*ifs.tohoku.ac.jp
*を@に変換してください。
TEL:022-217-5240/FAX: 022-217-5240
寒川 誠二
  • フロアマップ
  • 共用機器
  • プロジェクト