当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

東北大学 産学連携先端材料研究開発センター (MaSC)

プロジェクト

Projects

プロジェクト

電子ビーム金属積層造形装置およびプロセス技術の開発

代表者氏名・所属部局(機関)名・職名

千葉 晶彦 金属材料研究所 教授

研究の概要

金属用3Dプリンターである電子ビーム積層造形(EBM)の装置開発を行います。チタン合金などの高融点材料の造形に最適な装置開発を目標としています。

研究の目的

航空宇宙や医療分野で応用が期待されるチタン合金などの高融点材料の造形技術の確立に向けて、電子ビーム積層造形装置の開発ならびに原料粉末処理技術の開発を目的とする。

期待される効果

高融点金属の電子ビーム積層造形における課題の一つであるスモーク現象を回避する技術の確立が期待され、健全な造形材を得られるようになるだけでなく、スモーク回避技術により造形温度をより広く変化させることが可能になり、より幅広い組織制御が実現可能になると期待される。

キーワード

金属積層造形、粉末処理、粉末床溶融結合

該当するSDGsへの取り組み

  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

連絡先

TEL:022-215-2115
E-mail address: a.chiba*imr.tohoku.ac.jp
*を@に変換してください。
HP URL: http://www.chibalab.imr.tohoku.ac.jp/

pagetop