センター概要:ご挨拶|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。


センター概要

センター長のご挨拶

未来の社会を支える新しい材料を

大林 茂
大林 茂

 東北大学 産学連携先端材料研究開発センターは、東北大学と産業界が連携して、これからの社会を支える新しい材料を研究・開発する事をめざし、東北大学片平キャンパスに新たな5階建てのビルを建設して、平成26年1月に発足いたしました。建設費は、平成23年度経済産業省の産業技術研究開発施設整備補助金を基に、金属材料研究所、流体科学研究所、多元物質科学研究所、および大学本部からの資金でまかない、運営はスペース・設備等の利用料金でまかなう独立採算制の組織であります。

 主な研究テーマは、(1)社会基盤材料(2)エレクトロニクス材料(3)エネルギー材料の3つの分野からなり、個々の研究課題は公募により決定されます。

 東北大学は、物質材料研究において世界トップクラスの実績と伝統を誇り、特に片平キャンパスには、物質材料系の優れた研究機関が集積しております。この力を結集して、産業界からの様々な要求に応え、共に問題解決に取り組むセンターという意味で、英語名をMaterial Solutions Center(MaSC)といたしました。

 開設4年目を迎え、組織の見直しと強化を図りつつ、新たなイノベーションが次々と生まれ、東北地域の産業復興と日本の国際競争力強化に大きく貢献する事を目指して活動してまいりますので、どうぞよろしく御支援を御願いいたします。