センター概要:センターについて|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。


センター概要

センターについて

産学連携で切り開こう未来の先端材料-東北から世界へ発信-

 本センターは、経済産業省の施設整備費補助金を活用し、東北大学を代表する金属材料研究所、多元物質科学研究所、流体科学研究所、および大学本部が連携整備した産学官の連携拠点です。
これらの附置研究所が世界的な強みを有する革新的な材料プロセス技術である金属ナノ制御技術、超ハイブリッド材料技術、次世代デバイス作製技術などの技術基盤を基に、ナノからマクロまでのマルチスケールで、

社会基盤分野(自動車用材料、ライフサイエンス用材料、構造用材料など)
エレクトロニクス分野(パワーデバイス材料、電子デバイス材料など)
エネルギー分野(太陽電池関連材料、水素貯蔵材料、蓄電池材料など)

に於いて、先進的な新機能材料開発を産学官による研究開発体制を構築し、推し進めてゆく役割を担っています。
本センターが、東北地域の震災復興に資する研究開発拠点に育ってゆくとともに、ここで生まれた新しい技術・事業の芽が、我が国の材料分野における産業集積と雇用の創出、延いては、我が国の材料分野の国際競争力の強化にも繋がってゆくものと確信しています。

産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)について