センター概要:センターについて|東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

2014年 Material Solutions Center(MaSC) 始動。世界をリードする革新的な材料開発と最先端の装置の共用化を行うことで、地域と経済の発展に貢献していきます。


センター概要

センターについて

産学連携で切り開こう未来の先端材料-東北から世界へ発信-

 本センターは、経済産業省の施設整備費補助金を活用し、東北大学を代表する金属材料研究所、多元物質科学研究所、流体科学研究所、および大学本部が連携整備した産学官の連携拠点です。
これらの附置研究所が世界的な強みを有する革新的な材料プロセス技術である金属ナノ制御技術、超ハイブリッド材料技術、次世代デバイス作製技術などの技術基盤を基に、ナノからマクロまでのマルチスケールで、

社会基盤分野(自動車用材料、ライフサイエンス用材料、構造用材料など)
エレクトロニクス分野(パワーデバイス材料、電子デバイス材料など)
エネルギー分野(太陽電池関連材料、水素貯蔵材料、蓄電池材料など)

に於いて、先進的な新機能材料開発を産学官による研究開発体制を構築し、推し進めてゆく役割を担っています。
本センターが、東北地域の震災復興に資する研究開発拠点に育ってゆくとともに、ここで生まれた新しい技術・事業の芽が、我が国の材料分野における産業集積と雇用の創出、延いては、我が国の材料分野の国際競争力の強化にも繋がってゆくものと確信しています。

産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)について

MaSCの産学共創への取組みとアソシエイト・メンバーシップ制度のご案内

 東北大学産学連携先端材料研究開発センターは、これからの社会を支える先端材料を産学連携で実現することを目指して平成26年1月に発足しました。
東北大学は、我が国の強みである材料分野において幾多の優れた研究成果を生み世界をリードし続けています。当センターは、材料科学研究の中核である金属材料研究所、多元物質科学研究所および流体科学研究所の先端材料シーズを集結した最新のオープン・ラボであり、社会基盤分野、エネルギー分野およびエレクトロニクス分野の近未来材料と先端プロセス技術を中心に現在17研究プロジェクトが活動しています。これらの先端材料研究を支えるため共用の先端分析機器類を設置・整備し、安全で快適な研究環境を提供しています。
この度、材料/プロセス技術にフォーカスした新しいオープン・ラボである当センターを広く産業界の皆様にご活用いただくことを目的に、技術相談、シーズ探索および共同研究のマッチング等を提供するアソシエイト・メンバーシップ制度を導入致しました。皆様の東北大学での活動の窓口として、オープン・スペースのご利用も含め材料/プロセス開発に係るシーズ探索、連携の模索などに是非ご活用下さい。

MaSCの産学共創への取組みとアソシエイト・メンバーシップ制度のご案内

MaSCアソシエイト・メンバーシップの内容

 本内容は、東北大学 の先端材料科学に立脚した産学連携を推進するオープン ・ラボである産学連携先端材料研究開発センター (MaSC)を広く産業界の皆様に活用いただくことを目的に、技術相談、シーズ探索および共同研究マッチング等の技術支援、および当センターの共用設備を供与するアソシエイト・メンバーシップ制度に関するものです。

1.MaSCアソシエイト・メンバーシップの内容

 MaSCアソシエイト・メンバーとは、当センターのオープン ・スペースと、以下に示す共用設備を利用できると共に、以下の特典を受けることのできる組織または個人です。

1)当センターの共用設備

 ①共用分析設備(有料)
②共用スペース(1階から5階のラウンジ、1階および5階の会議室、中庭等)
③来客用ロッカー(3階ラウンジ)
④無線LAN(1メンバー当たり3PWまで)
⑤入退室ICカード(正面玄関のみ対応、1メンバー当たり3枚まで)

2)アソシエイト・メンバーの特典

 ①技術相談および相談先教員の斡旋
②本学内でのシーズ探索支援
③本学教員との共同研究等マッチングの支援
④1)-①から⑤に記載の共用設備の利用(但し入居プロジェクトを優先します)
⑤MaSC主催セミナーへの参加
⑥メンバー限定ワークショップ、技術交流会への参加

2.アソシエイト・メンバーの年会費

 1口を10万円とし、1-2)項記載の①から④の実施頻度により口数を決定します。

3.連絡先

 東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)
連携推進室 特任教授 吉田栄吉
電話:022-217-3829
email